スキンシップがメイン | セクキャバに入店することで、収入は簡単に倍増します
menu

スキンシップがメイン

赤いドレスを着ている女性

時給3000円というのはどんな人にとっても魅力的ですよね。
一般的なアルバイトだとせいぜい時給1500円くらいが限界値になると思いますので、その2倍も高いという計算になります。
また時給1500円のアルバイトすらほとんど見かけないので、セクキャバの仕事は誰にとってもやる価値があると思います。

しかしながら、いくら時給が高くても仕事の内容についていけないと意味がないですよね。
入店してすぐに辞めてしまうようなことになるなら意味ないと思いますので、ここできちんとセクキャバの仕事内容について触れておこうと思います。

まずセクキャバの仕事というのは、基本的にひとつしかありません。
それは、お客さんと楽しくスキンシップを取るようにすることです。
セクキャバと呼ばれるお店は別名お触りパブとも呼ばれており、お客さんはいろんな女性の体を触れるようになってきます。
そのためセクキャバは性的な遊び方ができるお店なので、あなたは常に触られるといった状況になるでしょう。

またそれに加えて、お客さんのひざにまたがってあげたりキスをしてあげたりする場合もあります。
そのため性風俗店にかなり近い形のお店だといってもいいでしょう。

ただし、あくまでもキャバクラと同様にセクキャバも飲食店になります。
よって他の性風俗店とは異なる種類のお店に分類されます。
だからお客さんを最後に抜いてあげる必要がなく、ただキスしたり触り合ったりするだけのお店になります。

またセクキャバではお触りがメインになりますが、その分会話で場を弾ませる必要がありません。
だから人見知りな人や会話が苦手な人でも、ぜひ挑戦してほしいと思います。